2011年6月30日木曜日

【台湾】建設・不動産も中国特需備え:個人旅行解禁後の住宅購入

青森に中国からの観光客を呼ぼうと思って仕事をしているが、

この問題はどう解決したらいいのだろう。大きな課題だ。

【台湾】建設・不動産も中国特需備え:個人旅行解禁後の住宅購入

NNA 6月9日(木)8時31分配信
 建設・不動産業界が、中国からの個人旅行解禁に向けて準備を進めている。中国人客による住宅購入など不動産投資が増えると当て込んでおり、中台に専門のサービス拠点を設けたり、旅行会社と提携した住宅購入ツアーの企画なども浮上している。小売りや観光、外食だけにとどまらず、チャイナマネーは広範に影響を及ぼしそうだ。

 7日付工商時報によると、建設・デベロッパー大手、遠雄(ファーグローリー)グループや郷林建設、長虹建設のほか、不動産仲介大手の台湾房屋や永慶房仲などが早くも受け入れ準備に動いている。

 ■旅行会社と住宅購入ツアー

 最も積極的な姿勢を見せているのは郷林建設。台北、台中両市と中国側に専門チームを設けて、両地の空港送迎から始まる手厚いサービスを用意。個人旅行解禁の先行地となる北京市、上海市、福建省厦門(アモイ)市にもサービス拠点を設けて台湾への入境手続き代行から旅程の手配、コンサルティングまでの至れり尽くせりのサービスを提供する。8~9月には中国からの住宅購入ツアーを敢行し、台湾の物件を積極的に売り込む。

 遠雄グループは「全球資産サービスセンター」を設け、台北市、北京市、上海市、山東省青島市、天津市など既存の各拠点で簡体字中国語版の説明書や契約書を準備、価格表示も「1坪当たり台湾元」を「1平方メートル当たり人民元」に換算するなど細かい気配りで潜在顧客をつかまえる構えだ。

 長虹建設は簡体字版ダイレクトメールを用意したり、サービスチームを設けたりしているほか、旅行会社との異業種連携によって観光と物件視察をセットにしたツアーの企画を検討している。

 隆大営建集団は台湾に進出済みの香港系不動産仲介大手、中原地産(センタライン・プロパティーズ)と提携して中国人客に売り込む。中華圏最大級の仲介業者の経験とノウハウを最大限に生かす考えだ。

 ■到着後すぐ空港で

 不動産仲介大手では、台湾房屋が商機を逃すまいと、同業としては初めて台湾桃園国際空港近くの台湾高鉄(高鉄)桃園駅構内にサービスセンターを新設した。4月末の営業開始以来、外国人を含めて毎日100組に上る顧客がすでに訪れており、中国からの個人旅行解禁でさらに来客数に弾みがつくとみている。

 他方、台北市内にも同様の拠点を設置、潜在顧客は資産家の中国人と狙いを定めている。今年下半期には、その他海外からの顧客も取り込もうとシンガポールとバンコク、ジャカルタ、ホーチミン市、クアラルンプール、プノンペンの6都市にもサービスセンターを置く計画だ。

 永慶房屋も空港でのサービスを計画しているほか、中国人向けに商業店舗やオフィスビル、高級住宅などへの投資のコンサルティングサービスを提供する。信義房屋もコンサルや法律・税務関連サービスを手掛ける。商業用不動産の仲介などを手掛ける欣元商仲は、下半期に上海市に支社を設立し、台北市内の商業店舗を紹介する。

 ■投機バブルに至らず

 中国人や中国資本の法人、団体などによる台湾での不動産投資には、2009年6月末に改正施行された関連法の規定が適用される。

 不動産投資について定めた「大陸地区人民在台湾地区取得設定・移転不動産物権許可弁法」によると、住宅など不動産の取得は、個人なら自宅用に限られる上、登記後3年は売却できないとの規制がある。民間企業など法人の取得でも、経済部による投資認可を経て初めてオフィスや社宅などの不動産を取得可能と定めており、政府は投機的な動きの抑制に配慮している。

 ただ、不動産業界関係者は、投機バブルまで至らずに商機をもたらすと楽観する向きが多いようだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿